【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCを徹底的に調べた結果

▼アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜▼
【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC
>>【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCはコチラ

【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC』を探し中ですか?

>>『【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC』の詳細はコチラ

私も【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCに関心があり【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCをいろいろリサーチしている中です。。

下記リンクに関連したモノがあります。

ウェブ上にも、【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCの関連情報がものすごく話題になっています。

当サイトは、【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCに関することをジャンルに限らず、テレビやケンコーコム・メルカリなどでで得た情報を調べながら、みなさんの役に立つ情報をお届けしていくサイトにしていく予定です。

【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCの詳細情報

マル秘情報を仕入れ次第、当サイトに公開していく予定です。
【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCの知っておいて損はない常識的なことから、一般にはあまり知られていない情報まで記事にしていきますのでお楽しみに!

>>最新『【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC』情報

【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCの最新情報

まもなく公開予定



▼【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC▼
アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜
【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC
>>【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCはコチラ



マル秘情報が入るまで、当サイト管理人の【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCと関係あるかないかわかりませんが、『アダルトコミックに関する質問と回答』に関することお読み下さい。

アダルトコミックについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

うる星やつらは、確か1978年から連載が始まって昔のアニメにもか…

うる星やつらは、確か1978年から連載が始まって昔のアニメにもかかわらず、ラムの顔は最近の萌えキャラと、ほぼ同じ雰囲気を持つていて、丸顔、眼が大きい、鼻、口はすごく小さく、スレンダーな体と、 今の萌えキャラの描き方のスタイルはラムあたりから進化したような気もします。それと、異星人みたいのが普通の家庭に住みつき、少年と仲良くなる、というストーリーのパターンも、うる星やつらあたりが一番古いかもしれません。そういう意味で高橋留美子さんは、今のアニメのトレンドみたいなのを30年以上前に考えたと思うのですが、そう思いませんか。

(質問のあった日:2015年2月26日)

高橋留美子、星やつら、アニメ、萌えキャラ、異星人、高橋留美子先生、吾妻ひでおについてのご質問のようですね。

このアダルトコミックに関する質問に対する回答

今の萌えアニメに繋がるキャラクターデザインはそれより前から存在しますし、

意図して美少女系作品を好む層に向けたアニメ作品を作って仕掛けるようになるのは、

もう少し後になります。





今の「萌え系」の流れになる、少年・成人向け漫画作品に「美人」ではなく「可愛い」少女キャラの登場がはっきりしてくるのは、

もっと前の1970年代半ばからの吾妻ひでお作品に代表される、当時言うところの「ロリコン漫画」の作家の描く少女キャラが源流です。

(当時は「萌え」と言う概念・名称がまだ確立していないためこうした呼称でした)



この頃に平行して、「ファンロード」や「月刊OUT」といったサブカル系アニメ雑誌が創刊したり、

アニメ関連以外の雑誌の投稿コーナーや、同人誌(当時は研究考察の文字中心のコピー本がメインです。 今のようなカラー表紙&デジタル入稿の簡易出版は夢の世界です^^;)に少女キャラを書く人が出てくるようになってきました



現在の「萌えオタ」に直結するファンのスタイルが出てくるのも、この辺りが原点であるように思います。



で、70年代後半〜80年代前半のSFや漫画アニメ関連では、

「ラブコメ」・「スペースオペラ」・「不条理SF」・「ヒロイックファンタジー(女戦士がビキニ姿で大型の武器を振り回して戦う等)」が流行っていまして、

そこに出てきたのが「うる星やつら」です。

構成する要素を個別に見れば、当時の漫画では比較的良く見られたストーリーですので、

それぞれは特段目新しい要素と言う訳でも無いのですが、

当時の漫画アニメが好きな人のツボを上手に一つにした作品だったので大ヒットした形な訳です。



今の萌え作品に直接繋がるものとしては、

押井守監督のアニメ版(特に劇場版「ビューティフルドリーマー」の世界観)の影響が非常にあります。



ただ・・・、今で言う「正統派の萌えキャラ」を更に強く好む層からすると、

「うる星やつら」は各キャラの癖が強く、ラムの性格も極端すぎる辺りで好みが別れていて、

この辺りで抵抗が有る人は、「ななこSOS (原作・吾妻ひでお)」だったり、魔法少女系作品(「ミンキーモモ(初代)」や、ぴえろ系作品など)とかをメインに好む人も多かったような気もします。

こちらの流れも当時大きく、アイドルとのコラボ企画を行ったり、後日大人のファンの反響から、

放送終了後にOVAでTVアニメの続編を作る(当時アニメ全体でも世界初)などの動きもありました。





更に、今現在よく見られるTV放送以外のOVA等が前提の作品であったり、

アニメ作品が先行して、ドラマCDやコミック等と連動する、「メディアミックス展開」を意図した作品としては、

1985年辺りの、「幻夢戦記レダ」、「ドリームハンター麗夢」辺りのOVA作品が、美少女系としては最初になります。

(ドリームハンター麗夢は、アダルト作品から一般作品へのリメイクの先駆けでもあります)



このあたりから絵柄や作品の雰囲気も今の萌え作品に更により近いものになっていきます。





・・・大体こんな感じでは無いかと思います。

ネット関係に詳しい管理人からの補足コメント




◆それと…

当時は第二次アニメブームでもあり、ガンダムやうる星やつらとかのアニメや漫画、アイドル関連の話が学校とかで話題になるのは割と普通でした。



その中にあって、好きな作品の全話の内容の暗記や記録を行ったり、

原作者やスタッフとかにコンタクトを試みたり、

(ビデオは一般家庭にまだ普及していないので、記録する場合文章に起すかラジカセで録音するしかなく、

インターネットなんか無いため、自分から動かないとオタクとしての情報は手に入りませんでした)



本来子供向けの作品まで視聴したり(特に女児向け)、ロリコン漫画を購読している人物が、

現在の「アニオタ・萌えオタ」に近い捉え方で見られていたと思います。



ただ、現在見るような強い偏見はまだ無く、深い情報を持っている尊敬も込めていたような感じです。



(なお、アニメファンのイメージが急激に悪化するのは、1989年の宮崎事件での、マスコミの悪意での偏向・捏造報道がきっかけです)





◆高橋留美子先生は偉大な方です。

僕にアニメを教えてくれました。

僕がオタクになれたのは留美子先生のおかげです。

高橋留美子先生なくして、今の僕はありません。





◆[高橋留美子さんは、今のアニメのトレンドみたいなのを

30年以上前に考えたと思うのですが]



これは捉え方が違います。

トレンドを考えたのではなく、考えた事がその後に

トレンドになったのです。



ヒット作が生まれると、それに類似した作品が作られます。

それも受けると更に類似作品が量産されていき

スタンダードなものになっていくのです。



手塚治虫先生が存在しなかったら、今の漫画・アニメ界が

全く別物になっていたと思われるように

高橋留美子先生が存在しなかったら、

今の漫画・アニメ界の状況も違った物になったでしょう。





◆萌え漫画(アニメ)の元祖とされることもありますね。

うる星やつらが当時画期的だったのは



・劇画調の絵でギャグ(当時ギャグ漫画は天才バカボンなどデフォルメしたキャラで描くのが普通だった)

・やたらと美少女が出てくる

・美少女の肌の露出が多い



といったところ。必ずしもうる星やつらが初めて取り入れたというわけではないですけどね。

例えば、劇画調の絵でギャグをやるのは78年スタートのうる星やつらより76年スタートのこち亀のほうが先。こち亀にしても完全なる元祖じゃないですけどね。



それと後世における一番大きな影響はうる星やつらがオタクを大量生産してオタク市場を大きくしたことでしょう。



なお、

>異星人みたいのが普通の家庭に住みつき、少年と仲良くなる、というストーリーのパターン



これは藤子不二雄が多用したパターンですが、そこに美少女を持ってきたのは画期的でしょうね。





>丸顔、眼が大きい、鼻、口はすごく小さく

これは赤ちゃんの特徴。人間に限らず、哺乳類の赤ちゃんは全て同じ。なんでかは知りませんけど、哺乳類はこういう特徴をかわいいと感じます。そして、かわいいと感じるからこそ親は赤ちゃんを大切にするのだと考えられています。





なお、うる星やつらはもともとは厄介ごとを引き寄せてしまう体質の諸星あたるが毎回宇宙人やら妖怪などと遭遇して騒ぎを巻き起こすというパターンの作品。

ヒロインはあたるの彼女であった三宅しのぶでした。

そして、第1回目のあたるが遭遇する厄介ごとの種が宇宙人のラムでした。

それがラムが第3話から新ヒロインとしてカムバックし、ラブコメへとシフトしていったのです。





◆ファンにはよく知られていることですが、ラムは元々第1話限りのゲストキャラでした。



「うる星」で当初メインヒロインとして設定されていたのはしのぶのほうです。当初の「うる星」のテーマは、主人公のあたるがいかに不運な存在かと言うことをギャグとして描くことで、その一端として、しのぶと言う彼女がいるにもかかわらず、自分勝手でマイペースな宇宙人の女の子に勝手に押しかけられて迷惑する、という導入をしたわけです。



実際、原作第2話にはラムは出てきません。ラムをヒロインに昇格させて再登場させたのは、第3話のプロットが浮かばずにいきなり行き詰ったうえでの偶然なんです。



ですから、質問に有るような、「高橋留美子が今のアニメのトレンドを考えた」と言うのは当てはまりません。偶然の結果がニーズに合致し、それが後々まで引き継がれる黄金パターンになったということです。



あと、先の方が「アニメ版は今から見ると絵的にキツイ」と言ってますが、アニメ後半の絵は今見てもかなりの水準です。念のため。





◆「最初の大ヒットしたオタクアニメ」だとは思いますが、脳内で美化してますよ。

見直してみたらこんなんだったか?と思いますね。

名作と名高いビューティフルドリーマーですら、絵的にはキツい

▼【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC▼
アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜
【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC
>>【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PCはコチラ



TOP > ・DMMコミック > DMMコミック > 【DMMコミック】同人:アイツが知らない彼女の××× 〜冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し〜 SP/PC/みんなの口コミ


【DMMコミック】同人:ハイエルフ×ハイスクールTWINTAIL SP/PC [タイトル直]/みんなのレビュー
【DMMコミック】同人:寝取られ人妻-堕ちてゆく感覚- SP/PC/レビュー

関連記事一覧

【DMMコミック】電子:パワハラ女上司にモノ申した結果。 SP/PC/セール

【DMMコミック】電子:パワハラ女上司にモノ申した結果。 SP/PCを徹底的に調べた結果 ▼パワハラ女上司にモノ申した結果。▼ >>【DMM...

【DMMコミック】電子:おにれんぼSP/PC/みんなの評判

【DMMコミック】電子:おにれんぼSP/PCについて調べてみた ▼おにれんぼ▼ >>【DMMコミック】電子:おにれんぼSP/PCはコチラ 『...

【DMMコミック】同人:おっとり爆乳美人兄嫁を寝取って孕ま… PC/SP/口コミ

【DMMコミック】同人:おっとり爆乳美人兄嫁を寝取って孕ま… PC/SPを掘り下げて調査 ▼おっとり爆乳美人兄嫁を寝取って孕ませる話▼ >>...

【DMMコミック】同人:ナイスバディで酒好きなえっち系のオレの嫁!【超リアル仕様】[タイトル直] SP/PC/口コミ

【DMMコミック】同人:ナイスバディで酒好きなえっち系のオレの嫁!【超リアル仕様】[タイトル直] SP/PCの詳細 ▼ナイスバディで酒好きな...

【DMMコミック】電子:風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたSP/PC/セール

【DMMコミック】電子:風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたSP/PCについて ▼風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセック...