【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCを徹底的に調べた結果

【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC』を知りたいのですか?

>>『【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC』の詳細はコチラ

管理人も【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCにすごく関心があって【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCをたくさん調べている中です。。

下記リンクに関係するモノがあるでしょう。

ネット上にも、【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCについていろいろと話題になっているようです。

ここでは、【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCの情報について、ジャンルに限らず、テレビやケンコーコム・YouTubeなどでで得た情報を調べながら、訪問者さんに役に立つ情報を情報発信していくサイトにしていく予定です。

【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCの詳細情報

最新の情報が分かり次第、このページに更新していく予定です。
【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCの知っておいて損はない基本的な情報から、一般にはあまり知られていない情報まで記事にしていきますのでそれまで少しお待ち下さい。

>>最新『【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC』情報

【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCの新着情報

調査中につきしばらくお待ち下さい。



▼【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC▼
ヒプノマルチボイス
【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC
>>【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCはコチラ



新着情報が私の耳に入るまで、僕の【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCとは関係あるかないかわかりませんが、『アダルトコミックに関する質問と回答』に関することとりあえずアップしておきます。

アダルトコミックについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

なぜアメリカではスパイダーマンやバッドマンやスーパーマンやヒーロ…

なぜアメリカではスパイダーマンやバッドマンやスーパーマンやヒーローものが絶大的な人気があるのですか? 僕からするとダサいし映画を見るのは苦渋です。

アメリカ人はヒーローになりたい願望があるのですか?

僕はヒーローより宮部久蔵に心惹かれますね。

(質問のあった日:2015年10月5日)

ヒーロー、宮部久蔵、スーパーマン、スパイダーマン、ウルトラマン、アメリカ人、ローテイーンについてのご質問のようですね。

このアダルトコミックに関する質問に対する回答

たしかに、コミックブックのスパイダーマンやバットマン、スーパーマン、はてははアイアンマンやマイティーソーの恰好はダサい。今でこそデザインも洗練され、だいぶ格好良くなったが、それでも現実にああいうかっこうした人が自警団やってたら笑ってしまう。コミックだから通用するビジュアルだと思う。

しかし、ハリウッドの上手いところは、そのダサさや非現実的なところを実に見事に換骨奪胎して、環境設定やキャラクターデザインを現実的なデザインに作り替え、成人が鑑賞しても恥ずかしげも違和感も感じないような見事なシナリオと映像に組み立てなおす点。これが日本のウルトラマンや仮面ライダーとは絶対的な差だと思う。

もちろん、資金力の差だと言ってしまえばそれまでだけれど、それ以上に、ヒーローそのものに対するコンセプトやヒーロー映画へのマーケティングターゲットが根本的に違うような気がする。



日本の場合は、たとえ仮面ライダーやウルトラマンにいい年した大人のファンが付いているという理由は、それが過去にあこがれたヒーローへの郷愁からであって、言うなれば、80年代アイドルを30代40代世代が懐かしむようなもの。レトロフューチャーを楽しむためであり、中年以上の世代が改めて現在放映中の新作ウルトラマンやライダーに熱を上げるという構図はやはりマイノリティーであるような気がする。

したがって、現在制作されているウルトラマンや仮面ライダーは完全新作のキャラクターであり(そこには当然、毎年新しい玩具を出し続けなければならないスポンサーの要望もあるだろう)、そのマーケティングターゲットはそういうものに直球で憧れる低学年世代だと思う。

もっとも、それらを映画化するときは、低学年世代は父兄同伴で鑑賞に来る都合上、父兄世代が昔あこがれた、郷愁キャラクター(ウルトラマン、ウルトラセブンやオリジナルライダー)を共演させることも多くなった。



一方、ハリウッドが旨いところは、過去にコミックヒーローに夢中になった世代を再び観客として呼び込み、その子供世代に関しては新たに観客として迎えるというマーケティング方針。全く日本の考え方と真逆なわけです。だから、キャラクターも基本的には新作キャラクターでなく、昔のヒーローを現代にリニューアルするという方針をとっている(もっとも、厳密に言えばヒーローの正体は世代交代しているの者がほとんどであり、その意味ではニューキャラクターなのだけれど、ともあれヒーローのベーシックコンセプトとキャラクターデザインはおおむね同じ)。

であるから、ターゲットは成人そしてプラス子供という構図になり、日本のように子供の保護者として成人が随伴するのではなく、大人が昔懐かしんだキャラクターを子供と一緒に見に来るという構図が出来上がっているような気がする(ヒーローに限らず、スターウォーズなど歴史ある娯楽映画は自然とそういう構図が出来ていますね)。



で、話は元に戻るが、大人をターゲットにする以上は、映画の内容自体を子供だましにするわけにはいかず、おのずと恋愛や人間ドラマ、アメリカの社会問題や国際背景といったレベルの高いシナリオが要求され、結果「ハリウッド映画の実写化はレベルが違う」といった評価になるのだと思う。



絶大なる人気があるのはここですね。大人も、そして(基本的にはヒーロー映画と言う特性上)子供も観客として呼び込めるということは、興収的にもおいしいわけで、そりゃプロダクションやメーカーの力の入り様も違いますわな。当然絶大なる人気も出ようという物です。

まぁダラダラと書きましたが、アメリカのヒーロー映画はその過去からのヒーローコンセプトを受け継ぎ変化させない。しかしその一方でその設定やデザインを完全アダルト向けに作り替えることに長けているからだと思います。



もちろん、アメリカの映画ファンの中も、こういった流行に苦言を呈し、ワイアットアープやジョンウェインに未だ心惹かれ、これを懐かしむ人もいるでしょうが、いかんせんアメコミヒーロー映画が出るたびに週間興行ランキングが塗り替えられる現実を見れば、そのような苦言は当分は少数意見として無視されるのではないでしょうか。

ネット関係に詳しい管理人からの補足コメント




◆長い文をありがとう。





◆アメリカ人はヒーロー大好きだよ



俺様大好き

アメリカ一番

どんな問題も巨悪でも最後にはヒーロー(=アメリカ)が絶対的な力でねじ伏せてめでたしめでたし!世界は今日も俺様のお陰で平和なんだよ。

勧善懲悪大好き、分かり易さ重視。

だけど、この頃そういった単純さに飽きてきたのか、「悩めるヒーロー」が流行ってるけどね、それを評論家はベトナム戦争やら湾岸戦争等でアメリカ国民の国へ対する自信と信頼が揺らいでいるからだとか言ってるけど、よく分からん。



たまに世界で一番どころか宇宙で一番になっちゃってるけどね。



突っ込みながら観ると面白いけどね。





◆海難事故で海に飛び込まなければなりせん。

しかし、冷たい海水で皆が尻込みしています。



↓こんなセリフで〇〇人は飛び込みました。



アメリカ人には 「飛び込んだらヒーローです!」

イギリス人には 「紳士なら飛び込んで!」

ドイツ人には 「規則で飛び込むと決まってます」

イタリア人には 「美女が溺れています」

フランス人には 「飛び込まないで下さい」

日本人には 「みんなもう飛び込みましたよ」



日本人は馬鹿だよ〜



VAIBS





◆バットマン、スーパーマンなどは元々ローテイーンのためのヒーローでした、だからスーツを付ければそれで正体がばれることのない無邪気なヒーローで良かったわけです、ところが人気抜群で大人になっても止めないファンが増えて、それで映画になったわけです、ダサいとおもうのは大人になってから見るようになったせいでしょう





◆苦渋なものをわざわざ何故みるのでしょう、純粋に楽しむのではなくただ貶めるためだけに視聴してるようにしか思えないですね。

質問者や回答者含め外国にかぶれる中学生の逆みたいなことしててみっともないな・・・。

アメリカ人に限らずヒーロー願望は多くの人にあるでしょう。

というか日本だってウルトラマンや仮面ライダーや戦隊がありますがそれらはどう考えてるのでしょうか。

アメリカの前に何故国産のヒーローにはふれないのでしょうか?

ヒーロー批判は建前で本当はアメリカを批判したいようにとれますが。

わざわざ宮部久蔵という戦争物の小説のキャラを出してくる時点でそういう意図があるように思えてしまいます。

そしてヒーローって別にマスクやコスチューム着てる人達を限定して指す言葉じゃないですし、宮部久蔵に心惹かれるとかヒーロー扱いしてる時点で貴方もヒーロー願望あるじゃないですか。

いずれにせよ自分の嫌いなものを貶めるために全く関係性のないものを例に出し持ち上げるという子供みたいなことは控えたほうがよろしいかと思います。

あとバッドマンとか簡単な名前すら間違えるのは恥ずかしくないですか。





◆バットマンなどがシリアス路線の映画だったり、コミックも単純なヒーローものだけでなかったりするからですかね?

ヒーローになりたい願望はアメリカの人はもってそうですね

コスチュームが少しダサいのは同感ですね

▼【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC▼
ヒプノマルチボイス
【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC
>>【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PCはコチラ



TOP > ・DMMコミック > DMMコミック > 【DMMコミック】同人:【ボイス】ヒプノマルチボイス SP/PC/辛口レビュー


【DMMコミック】同人:気に入った膣にいきなり中出しOKなリゾート島 〜寝取り前〜/体験談
【DMMコミック】同人:ギャルビッチ生搾リゾート(タイトル直) SP/PC/みんなのレビュー

関連記事一覧

【DMMコミック】同人:デキる女上司[タイトル直] SP/PC/バーゲン

【DMMコミック】同人:デキる女上司[タイトル直] SP/PCを詳しく ▼【DMMコミック】同人:デキる女上司[タイトル直] SP/PC▼ ...

【DMMコミック】同人:カワイイあの娘の運命の相手に成りすましてH大好き、チ○ポの虜な彼女にしちゃおうSP/PC/オンライン

【DMMコミック】同人:カワイイあの娘の運命の相手に成りすましてH大好き、チ○ポの虜な彼女にしちゃおうSP/PCの概要 ▼カワイイあの娘の運...

【DMMコミック】同人:ある日、ネットで見つけたのは●●撮りされた彼女の動画だった SP/PC/まとめ

【DMMコミック】同人:ある日、ネットで見つけたのは●●撮りされた彼女の動画だった SP/PCについて調べてみた ▼ある日、ネットで見つけた...

【DMMコミック】電子:風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたSP/PC/セール

【DMMコミック】電子:風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたSP/PCについて ▼風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセック...

【DMMコミック】同人:ビッチが田舎にやってきた LP1SP/PC/体験談

【DMMコミック】同人:ビッチが田舎にやってきた LP1SP/PCの詳細 ▼ビッチが田舎にやってきた▼ >>【DMMコミック】同人:ビッチが...