【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1について調べてみた

▼『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話▼
【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1
>>【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1はコチラ

【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1』を探しているのですね。

>>『【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1』の詳細はコチラ

管理人も【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1について興味があり【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1を調べている調査している途中なんです。。

↓のリンクに関連したモノがあります。

ネット上にも、【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1の関連情報がジワジワと話題になっているようです。

このサイトは、【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1についてジャンルを問わず、テレビやまぐまぐ・動画サイトなどでで調べた情報を収集しながら、当サイトに訪問してくださったみなさんに有意義な情報を情報発信していくサイトにしていく予定です。

【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1の詳細情報

新情報が分かり次第、このサイトに記事更新するのでお楽しみに!
【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1の基礎的なことから、まだ誰も知らない情報まで公開していきますのでお楽しみに!

>>最新『【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1』情報

【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1の新着情報

近日公開予定



▼【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1▼
『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話
【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1
>>【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1はコチラ



極秘情報が私の耳に入るまで、当サイト管理人の【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1とは関係ないかもしれませんが、『スマホゲームに関する質問と回答』に関する雑学を書かせてもらいます。

スマホゲームについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

ラブライブの面白さが全然わかりません 作品に触れずに文句を言うのは…

ラブライブの面白さが全然わかりません

作品に触れずに文句を言うのはどうかと思い、友達に勧められてスマホのゲームもやってアニメも観たのですが正直どこが面白いのか全くわかりませんでした 過去に紅白に出たりして有名になったこともあったので曲も何曲か聴きましたがイマイチといった感じでどこにでもある普通のアニソンと特に変化は感じませんでした

以前友達にラブライブのどういったところが面白いのか、さりげなく聞いたのですが「笑えるところがあるから面白い」という意見しか聞けず参考になりませんでした

みなさんに聞きたいのですがラブライブってどういったところが面白いのですか?

長文になってしまいましたがよろしくお願いします

批判してるわけでもアンチってわけでもないですが周囲が持ち上げるほど面白いか?と疑問に思ったので今回の質問をしました

ご意見お待ちしております

(質問のあった日:2018年7月26日)

ラブライブ、矢澤にこ、小泉花陽、絢瀬絵里、アニソン、ラブライブサンシャイン、何曲についてのご質問のようですね。

このスマホゲームに関する質問に対する回答

言われてみると車用の歌データにラブライブの曲は確かに1個も残ってなかった!

ということは曲は関係無いって明らかな根拠。

ストーリーもありがちっちゃあありがちだし…



やはり、無駄に多様化、という9人だったからではないですかね。AKBの手法ですよ。

初回総選挙の頃は、その奇抜さで説明も無しに人気はあったけど、今のAKBで人気の理由を語れと言われても不可能なのと同じな気が。

好きなひとは今でも好きだけど、過去の栄光を抜きにして魅力を説明するのは無理みたいな。





お友達もきっとそういう感じで、いざ訊いたら儂と同じで“今の”魅力は説明出来ないのかも。

ネット関係に詳しい管理人からの補足コメント




◆回答ありがとうございます

返信が遅くなり申し訳ありません

好きなものでも魅力を説明するのは難しいんですかね?





◆2016/10/1、22:10:20付けの私の回答を貼り付けます。





正直な所、私もわからなかったので、かつて会員だった「FCTのテレビ診断手法」をとうとう引っ張り出して分析にかけざるを得ませんでした。FCTというのは、Forum for Children&Citezen Television(子供と市民のTVの会)の略で、放送が子供の教育や人々の人間形成に及ぼす影響を分析していた研究会で、毎年ある一週間の全TV番組(CMやニュ−スまで完全にすべて)を録画して、分析調査していた団体で、よく朝日新聞や毎日新聞にも調査結果が掲載されました。なお文中敬称は略させていただきます。



(1)少女向けアニメでの必須条件

評論家斉藤美奈子によれば、少女アニメで不可欠な要素は「“大切なひとつのもの”」探し求める物語である事と指摘しています。キャッアイなら父の財産、キャンディキャンディなら「ウイリアム大伯父様」、セ−ラ−ムーンなら銀水晶という具合です。これがないと女の子には決して受け入れられないと斉藤美奈子は断言してます。その点から言えばキュ−ティ−ハニ−がなぜ女性の支持を集めたのか、「空中元素固定装置」という「大切なひとつのもの」が存在したからという事実も頷けます。

次に女の子向けでは、主役のいじめっ子が存在しないと人気が出ないと斉藤美奈子は指摘してます。キャンデイキャンディならイライザ、エ−スをねらえなら緑川です。この二つが女の子に支持される「鉄板」要素な訳です。



(2)ラブライブの場合

ではアニメラブライブは「大切なひとつのものを探し求める物語」でしょうか?

答は「否」です。存在してません。二つ目の「いじめっ子」は存在してるでしょうか?これも答は「否」です。たしかに1期7話まで、絢瀬絵里は、μ’sの活動に反対してますが、彼女達をいじめるシ−ンは皆無です。この事実から、ラブライブは女の子向けに作られてるとは考えられず、完全に男子向けの番組である事が裏付けられます。



(3)番組ラブライブの特色

(私はEテレで初めて見ますが)登場人物に男性が「皆無に近い」点です。1期全13話中、セリフを言った男性は「0」、「絵として」13話に「空港で待つ男性」と「学園ホ−ル後ろに立っていた男性」だけです。2期では、4話に登場した矢澤小太郎だけで、描かれ方としては「何もわからない子」という役回りです。

この事実には番組制作上の大きな意図が存在すると考えます。つまりこの番組には「男性が存在してはならない、男の気配が存在してはならない」という意図です。だから矢澤小太郎は「何もわからなくて判断力がない小さな子」として描かれている訳です。

なぜか?それはこの番組を見る男性は、男性と接する事が大の苦手で、ちょっとでも意志を出そうなら、自分の気持ちすら伝えられない、引っ込み思案で、「か弱い」男性だからでしょう。だから小太郎が矢澤こころのように「気持ちを言える子」であってはならないのでしょう。



(3)キャラクタ−デザインの特色

音ノ木坂学院が高校なので、主要登場人物は高校生としてデザインされてます。各学年は蝶ネクタイの色で分けるデザインです。次に絵柄を他の番組の高校生と比べてみます。一般的高校生では、西高校(エースをねらえ)の岡ひろみ、竜崎麗香、富士見高校(アタックNo1)の大沼みゆき、鮎原こずえ、寺堂院高校(アタックNo1)の八木沢香、学文高校(坂本ですが)の黒沼あいななどの例があり、これらがスタンダ−ドな絵柄になってます。それに比べて高坂穂乃果、矢澤にこ等の絵柄は明らかに「幼顔」です。中学生という設定の浦島マコ(魔法のマコちゃん)よりも「幼顔」といえます。絵柄上穂乃果達に近いデザインを探すと西山リミット(ミラクル少女リミットちゃん、デザイン:小松原一男)に最も近いでしょう。西山リミットは小学校高学年という設定です。

もしアイドルの王道の一つである「ツインテ−ル」を持ち出すなら、高校3年の矢澤にこに対し、富士見高校3年の大沼みゆき、学文高校のあいな、寺堂院高校3年の矢木沢香がいますが、これらを比べれば(画像)、ラブライブの絵柄デザインが(高校という設定にしては)いかに幼顔になっているかという事実が浮き上がります。

この事実から、この番組を見る男性が「憧れる、目指したい、近づきたい」女性は、まだ女性としての色気や艶やかさが出て来ない「幼い女性」にあるという事が浮き上がります。テレビ診断の手法を使わなかったらここ迄辿りつけませんでした。



(4)とりわけ繰り返された「スト−リ−のパタ−ン」

アニメラブライブには、ドラマ水戸黄門ばりに「繰り返されるパタ−ン」があります。まず1期4話は、本音ではアイドルになりたいのに、それを言えない小泉花陽の話ですが、凛曰く「もしかしてずっと前からアイドルやってみたいのに、いつも迷ってばかり」で、花陽も「声も小さい、人見知りで得意なものは何もない人です」と自分を決めつけていますが、西木野と凛に「背中を押され」アイドルの道を歩き始めます。

また1期8話で、絢瀬絵里は「自分が不器用なのはわかってる」と遂に胸中をさらけ出しましたが、穂乃果の手に「引っ張られて」アイドルの道を歩き始めます。そしてそのモノロ−グが13話で、絢瀬は「迷って、困って、泣き出しそうで。でも自分の弱いところを隠してる」と述懐してます。

さらに2期5話は、女の子らしくないところをコンプレックスに感じてる凛が、ファッションショ−でウェディングドレスを身につけリ−ダ−として活躍する話ですが、花陽曰く「凛ちゃん、結構引っ込み思案なところもあるから」ですし、「中心にいるようなタイプじゃないし、(リーダ−に)向いてるなんて絶対にない」と凜は胸中をさらけ出しますが、絢瀬や花陽に「背中を押されて」ウェディングドレスを着てセンタ−を演じます。

また1期13話で海未は「ですが、穂乃果は連れていってくれるんです。私やことりでは勇気がなくて行けないすごいところに」と言っています。そして13話では、離陸寸前のことりを穂乃果の手が引き戻しコンサ−トにつながります。



さて共通するのは、「?人見知りで、?人より劣っていると決めつけてて(得意なものは何もない、困って泣き出しそうetc)、?迷って、?不器用な」人が、誰かに「背中を押されたり」「手を引かれて歩き始める…」という構図です。





(5)ラブライブ、人気の秘密

※ここでは「よい」と「好き」を区別して書きます。

今迄の分析で、質問者さんにももう答が見えてきたのではないでしょうか。



つまりラブライブとは、何の取り柄もなく、人見知りで、いつも迷って、それで困っている人を、誰かが「背中を押したり」「手を差し伸べて」「手を引いて」、その人が歩き出す、という物語でしょう。

その意味では、車椅子で歩けないクララ・ゼ−ゼ−マンが、ハイジやペ−タ−に励まされ、だんだん元気になり、そしてハイジに「心の背中(ただし喝を入れる)」を押されて歩けるようになる「アルプスの少女ハイジ」に似ていて、「弱い人が励まされ元気になる」ところに、ラブライブのファンは惹きつけられ、これが好きな理由でしょう。

ただハイジと異なる点は「アイドルが好きで!アイドルの事になると人が変わる」点です。それは、1期4話と2期1話の花陽に表れています。



つまり、――キツイ表現ですが――、番組の「何も取り柄もなく、人見知りで不器用な人」に「日常、同級生や会社の同僚と対人関係が不器用で、女子にモテない男」が感情移入し、「穂乃果や海未が背中を押し、手を差し伸べる」シーンから励まされると、ファンが感じるから好きで、それがラブライブの人気の秘密だろう、というのが私の分析結果です。



ラブライブファンの関心は、ラブライブサンシャインにもう移っておりますが、それは、「日常、同級生や会社の同僚と対人関係が不器用で、女子にモテない男」が、「番組の登場人物が背中を押し、手を差し伸べる」シ−ンから『また励まされたい』を期待してるからでしょう。

この分析結果から、似ているとよく言われる「アイドルマスタ−」とは、ラブライブは全く「似て非なる」番組であり、相容れないでしょう。むしろ、男性も登場し足の引っ張り合い場面も存在するアイドルマスタ−の方が、「一般的番組」の構造があるといえるでしょう。



( 最後に、某芸能プロ勤務の友人が「アイドルファンの本質は、自分が主役になって注目されたい事だよ」と言ってました。それが小泉花陽に象徴されてますし「たとえ日常対人関係が不器用で女子にモテない男」が、背中を押され「ついにステ−ジで喝采をもらう登場人物」から、「自分も主役になれた」と喜びを感じるのが、この番組の本質かもしれません。



一般の方にとって、ラブライブは理解しにくい部分が多いので、広く皆さんにも理解できるよう分析手法を引っ張り出し、回答を作りました。その為具体的に、何話で、どんなセリフだったか、例示しました。

ただ、いじめや暴力シ−ンもなく、絵柄デザインは「小5〜中1」あたりにありますので、子供たちや親子でも揃って見られる点は、この番組の良さですね。





以上が、ラブライブがファンを惹きつける理由です。







画像から、高校3年の矢澤にこより小学5年の西山リミットの方が、絵柄上年齢が上のデザインであることがわかります。





◆私は曲がいいと思いラブライブ!に興味をもちました。

最初は好きな声優が声を当てているということで当時得体のしれないコンテンツだったラブライブ!を知ったわけですが、曲を出していると聞きSnow halationを聴いた時にびびっときました。

私は楽曲のジャンルの幅広さが魅力だと思っています。

また、アニメに関しては、私はアニメ前から好きだったので参考にならないかもしれませんが、スポ根のような熱さと青春!って感じの清々しさはおもしろかったと思います。

1期3話を見た時は「お、アニメもいけるやん」と思いました。

が、好きな理由はやはり楽曲の良さですね。





◆ラブライブ好きですけど、自分も別に面白くはないです笑



ただもう可愛い





◆私はシナリオと動きが良いかどうかでアニメを評価する事が多いのですが

シナリオに関しては「可」ただし「良」ではない、といった印象でした



目標があり、それに向かって努力し、挫折してもあきらめずに、目標を達成する

感情の谷と山を作るといった、良くも悪くも典型的なストーリーだと思いました



動きに関しては、動くときは動き、止める時(口パク)は止めて

コストや負担を抑えながら重要な部分で動かなくなるようなミスをしないように

よく作られていると感じました



特に、ダンスシーン等の動きはとても労力がかかっており

内容も、とても「良」でした

カメラが引いているタイミングはCGアニメーションにする等

最近急成長してきたCGアニメーションを上手く使い

作画枚数の多いダンスシーンの負担を軽減しているのはとても感心しました





★ここからは私の推測と持論なんですが



アイドルに注目した作品と言うこともあり

このアニメをとても高く評価している人の大勢は

「ラブライブというアニメ」のファンである前に「アイドル」のファンなので





「アニメ」としての評価だけではなく「アイドルユニット」としての評価も上乗せして評価しているのでそもそも評価基準が違うという事、「アイドル」に興味ない人間からすると、「アイドルユニット」としての評価点数が無いので、評価に大きなズレが生じているのではないかと推測します





★結論



「アニメ」を進められたと思って見ている質問者さんは「アイドル」に興味がなく

「アニメ」としての品質のみで評価しているので

「アニメ」と「アイドル」両方を足して評価している人からすると、評価にズレがあるのではないでしょうか





◆全シリーズ観ましたか?

変な想像をしながら観ればそこそこ面白いのです



below contempt的な想像をしながら観るのです

キモヲタ(とも言えないが)でいいのです



例えばこれ

▼【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1▼
『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話
【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1
>>【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1はコチラ



TOP > ・コミなび > コミなび > 【コミなび純稿】『俺得修学旅行〜男は女装した俺だけ!!』23話ver1/みんなのレビュー


【コミなび純稿】 ヴァージンツイートver.3/辛口レビュー
【コミなび純稿】3人密着お泊り旅行/みんなの口コミ

関連記事一覧

【コミなび純稿】 ノンLP 黙って俺に喰われてろ/まとめ

【コミなび純稿】 ノンLP 黙って俺に喰われてろについて調べてみた ▼【コミなび純稿】 ノンLP 黙って俺に喰われてろ▼ >>【コミなび純稿...

【コミなび純稿】 デキるまで…いっぱいシよっ!!/みんなのレビュー

【コミなび純稿】 デキるまで…いっぱいシよっ!!を徹底的に調べた結果 ▼デキるまで…いっぱいシよっ!!▼ >>【コミなび純稿】 デキるまで…...

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…〜 16話ver1/まとめ

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…〜 16話ver1について調べてみた ▼人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーの...

【コミなび純稿】 はだかんぼ運動会/体験談

【コミなび純稿】 はだかんぼ運動会について調べてみた ▼【コミなび純稿】はだかんぼ運動会▼ >>【コミなび純稿】 はだかんぼ運動会はコチラ ...

【コミなび純稿】アイアンクリムゾン〜囚われの360時間性交劇〜(フルカラー)ver1/まとめ

【コミなび純稿】アイアンクリムゾン〜囚われの360時間性交劇〜(フルカラー)ver1について調べてみた ▼アイアンクリムゾン〜囚われの360...